マッサージで小顔になれる!?顔のむくみ・たるみ解消法

集合写真を見たら、何だか私だけ顔が大きい!なんて思った経験ありませんか?

どーんと大きく見えるのは顔のむくみ・たるみが原因かも知れません。

リンパの流れを改善すると、むくみとたるみの原因になっている水分や老廃物が排出されて顔がスッキリしていきます。

リンパを流す小顔マッサージ法をマスターして、大顏の悩みを解決しましょう。

顔のむくみ・たるみはなぜ起こる?

むくみとは、血管から水分などが染み出して体に溜まってしまっている状態です。

特に眠っている間は顔に血液が溜まりがちになります。だから朝に顔がむくみがちになるんですね。

さらに顔がむくむと、風船が膨らむように皮膚が引っ張られ伸びてしまいます。

そのせいで皮膚が垂れ下がり、肌のたるみも起こるんですね。

しかし本来血液から水分が染み出すのは自然な事です。

問題は水分や老廃物を回収するリンパの流れが悪く、染み出したものが排出されない事なんです。

むくみとたるみを一緒に解決に導くには、まずはリンパの流れを促すマッサージで対処するのが良いでしょう。

リンパの流れを改善しよう!小顔マッサージのやり方

  1. 鎖骨中心側のくぼみから体の外側に向けてリズミカルにマッサージ
  2. 耳の裏から真っ直ぐ下に、首の付け根までリンパを流すように押し出していく
  3. 左右の耳をやさしく引っ張り、円を描くように回す

このマッサージを繰り返す事でリンパの流れが良くなり、余分な水分と老廃物が回収され顔がスッキリしてきます。

リンパ管は水分を回収すると静脈にそれを戻す性質がありますが、その合流地点が鎖骨です。

鎖骨のくぼみをマッサージしておくとリンパの出口が確保されるので、マッサージの効果が高まるんですね。

鎖骨のくぼみはまず最初にマッサージすると覚えましょう。

この方法だとメイクをしていても、外出先ちょっとした時間でもマッサージできるので嬉しいですね。

目のまわりのむくみをピンポイントで取るマッサージ

  1. 鎖骨のくぼみをマッサージする
  2. 両目の下を目頭から目尻にむけて押していく
  3. 眉の上・眉の下も同じ様に押す

なんだか目のまわりがむくんで腫れぼったい・・・という時には目の周りのリンパマッサージをしましょう。

頭蓋骨には眼球を収める穴が開いていますので、目の上下はそのラインに沿って押していくと気持ちのいいツボが発見できるはずです。

最初に鎖骨を刺激しておくと、目の周りのマッサージの場合もリンパの出口が確保されて効果が出やすいのでオススメですよ。

ただあまり目の周りを強く押しすぎると、肌のハリを作り出しているコラーゲンが傷ついてしまいます。

押すのはやさしく、1〜3分程度の間に収めるといいですね。

むくみを取って小顔になるには普段の生活も大切!

顔のむくみの原因は塩分の取りすぎ・お酒に酔ったまま眠る・肩こりによる血行不良などが考えられます。

マッサージも効果的ですが、生活習慣を見直してむくみの原因を断つ事も大切です。

小顔になるために、マッサージと生活習慣の改善も心がけましょう。